スムーズな手続き

今、世の中では空前絶後の起業ブームが起きていると言っても良い状況になっています。
毎日毎日をツライ感じながら、それでも頑張って会社勤めをしている人の中には将来の起業を夢見ている人が数多く存在しているのです。
しかし、多くの人たちは「起業」や「会社設立」を自分で行うのであれば、現在勤めている会社を辞めてからでないとできないと思っています。
実際のところ、本当に自分の力で会社を設立しようと思うなら、会社を辞めてから手続きをはじめるのは遅すぎます。

起業や会社設立というのは、必ずしも今勤めている会社を辞めてからでないと始められないわけではありません。
このようなチャンスは、いつどんな時に訪れるのか分からないもの。
たとえ今、どこかの会社で働いていたとしてもチャンスが来たら速やかに手続きを始めるように心構えておくことが大切なのです。
思いがけずチャンスが訪れた時にそのチャンスを決して逃がさないように、会社設立に関する手続きについての知識を持つようにしましょう。
そこでここでは、新規の会社設立に熱い地域として知られている「福岡」でのスムーズな会社設立の手続きについてお伝えしてきます。

会社設立を行う際に一番大切な手続きは、会社の「憲法」と言っても過言ではない「定款」の作成と認証です。
定款には、会社名や会社の所在地、発起人、資本金額などを明記して作成し、作成が完了したら公証役場で公に公開できる定款として認証してもらわないといけません。
定款には、紙の定款と「電子定款」があり、電子定款の場合には認証の時に必要な収入印紙代がかからないこともあり、今は電子定款の方が主流になりつつあります。
しかし、電子定款を作成するには特殊な機器が必要になるため、自分一人で作成するのはとても困難です。

そんな時にぜひ頼りたいのが「司法書士」などの法律の専門家。
福岡は、九州の玄関口というだけでなく、韓国や中国とも近いため外国人の就労者が多く、そうした関係から司法書士の数はとても多いと言われています。
福岡市内にはそんな司法書士事務所が数多くあるので、手続きに困った時には相談に行ってみましょう。
司法書士事務所だけでなく、福岡には公共の創業支援施設などがとても充実しているため、会社設立の手続きが分からなくても気軽に相談できる環境が整っています。
あなたもぜひ福岡で、会社設立の手続きをスムーズに進めてみませんか?