はじめての会社設立の方法とは?

近年、全国的に起きている「起業ブーム」。
世の中は今、なぜそんなに起業がブームしているのでしょうか?
その原因の一つが、政府や自治体が率先して進めている「創業支援政策」だと言われています。
長く続く不況からストレスを抱えて心身に不調をきたし…それでも働き続けなければいけないため、この近年でサラリーマンの自殺者や過労死の数は急増しています。
このような社会背景から、ワークライフバランスを見直さなくてはならない状況にあり、そのために国が率先して新しい働き方を提示しているのです。

そこで注目を集めているのが「会社設立」です。
自分自身の力で会社を設立することは、ひとりひとりに新しい働き方の可能性を考えるきっかけになりますし、社会全体で見ても「雇用創出」につながります。
ですから、インターネットや書籍などでも起業や会社設立に関する情報が数多く出ており、多くの人が会社設立を自分の力で行おうと考えているのです。
こうした「起業」や「会社設立」に対する動きがとても熱い地域として、九州の玄関口である「福岡」が挙げられます。
福岡ではじめての会社設立を行うためには、どのような方法があるのでしょうか?

そもそも、福岡は古くからの商業地域が密集した「商売人の街」です。
博多周辺には大企業の支社などが入っているオフィスビルが立ち並び、その一方で古くからの商店街などが今でも活気あふれる様子で営業しています。
このような雰囲気の街であれば、自分の力で会社設立ができるのではないかと、多くの人々が方法を考えているようです。
しかし、現在までに福岡で暮らしたことがない人にとっては、福岡のどの場所なら会社設立に有利なのか…また、どういった起業サポートが受けられるのかなどが分かりません。

そうした人たちにオススメの方法が、福岡市の公共の創業支援施設でもある「スタートアップカフェ」を活用する方法なのです。
この施設に行けば、常駐の起業コンシェルジュに無料で相談をすることができたり、セカンドオフィスとして施設の一室を借りることもできます。
あなたもぜひ、この方法を上手に活用して福岡での会社設立を挑戦してみませんか?