会社設立のための資金調達!クラウドファンディングとは?

 

会社を設立する時には、開業資金や運転資金など何かとお金が掛かります。
大規模な事業になるほど、自己資金だけで賄うというのは難しく、本気で会社を始めるのであれば出資してくれる相手を探す必要があるでしょう。

会社設立に必要な資金は、銀行から借り入れるのが一般的でしたが、最近ではクラウドファンディングで資金調達をする事業者も増えてきています。
クラウドファンディングとは、一体どういうものなのでしょうか?詳しく説明していきたいと思います。

クラウドファンディングとは、 インターネットを使って不特定多数の人から資金を集めることをいいます。
現在はクラウドファンディング業者というものがたくさんありますので、そちらを登録して自分の事業を紹介して、資金集めをしている人が多いです。

クラウドファンディングは、投票のようなもので、事業者が提案したアイディアに対してユーザーが一口いくらからのお金を投資する仕組みになっています。
設定上限に達した段階で融資が成立し、事業者はたくさんのユーザーからお金を受け取ることになります。

会社を設立するためのクラウドファンディングには、色々な種類があります。
普通は、銀行から借りた場合、利息をつけてお金を返さなければなりませんが、クラウドファンディングの中には、アメニティをプレゼントするだけで、お金を返済する必要ないものもあります。

そういうクラウドファンディングの場合は、公共性の高いものが喜ばれて投資をしてもらえます。
事業のアイデアに人気が集まらなければ出資が行われませんので、事業者はとことんアイデアを絞り出して事業計画を明確化していく必要があります。

このように今までとは違った銀行融資にはない形の資金集めが、現代のスタイルになりつつあります。
クラウドファンディングにはこの他、利回りを出資者に配当するタイプのものもありますので、資金集めを考えている人はいろいろなクラウドファンディングの中から、自分の気に入ったサービスを選ぶとよいでしょう。
ちなみに、クラウドファンディングを利用する場合は、クラウドファンディング業者に登録することになるかと思われますが、その時には手数料が掛かることも考慮しておかなければなりません。

事業者の中には、何千万円何億円というお金を、クラウドファンディングで集めた人もいます。
特にアプリ開発などの事業を行っているIT企業などでは、銀行融資おりもクラウドファンディングの方がフットワークが早いので、よく活用されているようです。
会社設立の際には、クラウドファンディングの利用を検討してみるといいでしょう。