福岡で会社設立をするにはいくらかかる?

今、老若男女を問わず多くの人が興味を持っている「起業」や「会社設立」。
会社勤めのサラリーマンや大学生・高校生なども…いつかは自分で自分の会社を設立して、自分のやりたいことを実現したいと思っているのです。
今の世の中は、どんな立場にある人にも自分の力で会社を設立するチャンスが巡ってくる世の中です。
ですから、そうした時のためにインターネットや書籍などで情報を集め、会社設立の知識について理解をしておくことがとても大切なのです。

では実際に、会社を設立する時には、どういった知識が必要になるのでしょうか?
会社設立には、一般的な生活している中ではあまり必要にならない法的な知識も必要です。
例えば…会社設立の際に必要不可欠な定款や、会社設立登記の申請などの書類は、正しい法的知識がないと作成できない書類です。

また、それと同じく大切な知識として「費用面」に関わる情報があります。
会社設立を考えた時に、多くの人が最初に気に掛ける情報はやはり「費用」に関わる情報です。
定款作成や認証、そして登記の前に行う資本金準備などには必ずお金がかかりますから、費用についての情報もしっかりと頭に入れておきましょう。
今、日本で新規会社設立の事例が多いと言われている、九州の玄関口「福岡」で実際に会社を設立すると、どのくらいの費用が必要になってくるのでしょうか?
ここでは、福岡で会社設立をするといくらかかるのかをお伝えしていきます。

会社設立にかかる費用として一番最初に必要なのは「定款」作成や認証にかかる費用です。
これらの費用は、福岡でも他の地域でも大きな違いはなく、だいたい20万円前後あれば定款作成から認証までが完了するようです。
しかし、定款を司法書士などの専門家に作成してもらう場合には、別途作成料がかかります。
定款にかかる費用の他にも、会社設立登記の前に必ず済ませておかなくてはならない資本金の準備にも費用がかかります。
資本金は、設立する会社の形態によって異なりますから、詳しくは法律の専門家や起業サポートなどに尋ねてみてくださいね。

福岡では、このように会社設立にかかる費用を融資してくれたり補助してくれる公的な助成金制度も充実しています。
費用のことで心配なことがある時には、福岡県の助成金センターなどに問い合わせてみましょう。