補助金制度を活用しよう!

日本政府は、数年前からくりかえし「日本の景気は回復傾向にある」と、国民に対して言っています。
しかし実際のところ…一般的な生活水準の人たちでも、景気回復を実感できる状況にはありません。
低所得者層の人数は徐々に増加していると言われており、貧困層への対策も必要不可欠です。

そんな厳しい社会の現状を何とかするために、国が推し進めている政策の一つが「創業支援」です。
普通に会社で働きながらでも「週末起業」や「副業」などで新しい働き方があることを示し、それに対する支援を進めることで、経済的に不安定な人たちでも豊かな生活が送れるようになります。
そうした社会背景から、全国的にも創業支援室などの施設が続々と誕生しており、新しい社会資源を上手に活用して自分の会社を設立していっているのです。

そんな起業家がとても多い地域として、今全国的にも注目されているのが「福岡」です。
福岡県は、九州の玄関口であり中心で、韓国や中国にも近い土地柄であるため、昔から「商業の街」でもあります。
そのため、福岡は会社設立に活用できる補助金制度がとても充実していると言われています。

そもそも…会社を設立する時には、どういった制度を使って資金を準備していけば良いのでしょうか?
公的な制度を使った資金調達には、主に「融資」と「補助金」「助成金」があります。
助成金や補助金は、会社設立のための資金を補助してくれるものですが、融資は低利や長期で資金を貸してくれる制度なので期間が過ぎたら返済しなくてはなりません。
ですから、今自分が置かれている資金状況を見極めて、融資を受けるのか補助金を申請するのかを決めていきましょう。

福岡には、これからの成長度が高い事業計画を持つ創業者に対しての費用を最大で数百万円補助してくれる「ステップアップ助成事業」というものがあります。
こうした情報を探したい時には、福岡助成金センターという助成金や補助金についての情報を取り扱っている機関があるので、ぜひ活用してみてください。
あなたの会社を資金の心配なく設立するために、福岡の補助金制度を上手に活用していきましょう。