福岡で会社設立するってどんな感じ?

30年ほど前の日本は…空前のバブル景気のただ中にいました。
そのバブルがはじけて不景気に転じてしまって以来、日本社会はその不景気の影響を引きずったまま現在に至っています。
現代社会において「経済状況は回復傾向にある」と言われてはいるものの、個人レベルではその傾向を感じれずにいるようです。
そんな今だからこそ、とても注目を集めているのが「起業」や「会社設立」といった個人の働き方についての話題です。

あなたは「起業」や「会社設立」を自分の生活の中で考えたことがありますか?
中小企業では、過剰労働やサービス残業などの問題があり、その影響で心身のバランスを崩してしまう人が少なくありません。
「過労死」として命を落としてしまう人が年々増加しており、社会問題にもなっています。
そのため企業の方も、中小企業になればなるほど社員に「副業」を進めるほど、社会人の働き方に対する考えは変わってきているのです。
このような社会背景から、メディアやインターネットを中心に注目を集めているのが「起業」や「会社設立」のように、自ら仕事を起こして働く働き方です。
全国的にも、国が「創業支援」を後押ししており、助成金を出すなどして「起業」や「会社設立」を応援してくれています。

そんな中でも特に今、会社設立や起業に熱い地域が「福岡」です。
福岡は…空港や港、新幹線などのターミナル駅がある九州の玄関口で、昔から交通の要衝として栄えてきました。
そこに隣接する博多などは、古くから商売人が集まる「商業の街」と呼ばれていました。
現在も、大きな駅ビルや数多くのオフィスビルが立ち並ぶ一方で、人情味と活気あふれる商店街なども多くの人々で賑わっています。
そうした福岡の人たちというのは、身体のどこかに「商売人気質」が強い傾向を持っているようです。
福岡という街には、新しい会社設立や起業を応援する気風があるため、はじめて会社設立を志すなら福岡の街がオススメなのです。

そこで福岡市は、自治体としても会社設立や起業を全面的にバックアップするために「創業支援施設」をオープンさせました。
数年前に廃校となった伝統ある小学校の建物を活用して、新しい働き方を提案する創業支援施設をオープンしたのです。
その施設がある地域は、福岡市内の中でも商業地区としては「激戦区」と呼ばれる若者に人気の街。
美容室やアパレルショップ、おしゃれなカフェなどが軒を連ねる一方で、ちょっとでも人気が落ちてきたショップは閉店を余儀なくされる厳しい街でもあります。
そんな街に敢えて施設を作ることで、実際の商売のノウハウを直接肌で感じながら会社設立を実践していきます。

施設では、福岡市の全面バックアップのもとで「起業」や「会社設立」のために必要な支援が行われています。
常駐の起業コンシェルジュがいつでも気軽に起業相談に乗ってくれるほか、施設内の空き教室は「シェアオフィス」として貸し出してくれます。
また、定期的に企業に対しての個別相談会や会社設立に役立つイベントが行われており、ほとんどが無料で参加できるのです。
このような施設は全国的にも先駆け的な存在であり、ひとりひとりが新しい働き方を生み出すことを応援してくれています。
そうすることで、地元に新しい雇用の場を生み出す「雇用創出」原動力にもなっているのです。

では実際に、福岡で「会社設立」をするにはどのような知識や手続きが必要なのでしょうか?
株式会社だけではなく合同会社設はかんたんに行うことができます。
「会社設立」というのは、特に起業のための専門家に頼まなくても知識があれば自分で全ての手続きを行うことができます。
実際のところ「会社設立」に関する手続きは「自分でやる」という人も多くいるようです。
なぜなら、会社設立を考える多くの人が、手続きを専門家に頼むと「多額の費用が掛かるのではないか?」と心配してしまうからです。

専門家に手続きを頼むなら、もちろんある程度の費用はかかってきます。
しかし実際には、自分で手続きをしても専門家に頼んでも、費用面での大きな違いはないのです。
それでも、会社設立の際にかかる費用は誰もが「節約したい」と思うもの。
できるだけ自分の力ですべての手続きをしようとしますが、法的な手続きなどは知識がないと難しいため頓挫してしまうようです。

福岡の会社設立の専門家ならhttp://www.venture-support.biz/fukuoka-establish/

そこで活用すると良いのが、最初にお伝えした自治体の創業支援施設です。
特に、福岡で会社設立をしたい人は創業支援が充実しているのでオススメです。
先ほどお伝えした福岡市の創業支援施設をはじめ、会社設立にオススメの助成金なども多いので、ぜひ活用していきましょう。

更に福岡は、自治体の施設だけではなく民間のサポート施設の数も多いと言われています。
例えば、会社設立の時には必ず必要になる「定款」を作成し認証するためには収入印紙代が必要ですし、費用を抑えるために定款を「電子定款」にするためには専門家に作成してもらう必要があります。
電子定款は司法書士などの法律の専門家が作成できるのですが、福岡は外国人の労働者も多いため司法書士事務所の数が他の地域よりも多いのです。
こうした事務所では、起業や会社設立の時に必要な手続き代行を行ってくれます。

他にも、あなたがはじめたい会社の業務内容によっては許認可が必要になる場合もあります。
飲食店やカフェは保健所に、介護事業の会社は都道府県に介護事業指定を申請しなくてはならないのです。
こんな面倒な手続きも、福岡の創業支援施設では民間の起業サポート事業者と連携しながら、しっかりとサポートしてくれます
あなたもぜひ、新しい会社設立は福岡ではじめてみてはいかがでしょうか?